ホーム > わくわく都市くまもと > わくわくショーケース > 観光スポット
熊本の食 熊本の工芸品

※熊本地震により熊本市が管理する施設も被害を受けました。
   各施設の開園状況をこちらからご確認ください。

  • 熊本城
  • 熊本城
  • 肥後半国の領主として熊本に本拠を置いた名将、加藤清正(かとうきよまさ)が7年の歳月をかけて、慶長12年(1607年)に築いた熊本の象徴ともいうべき豪壮堅固なお城です。
  • 詳しくはこちら
  • 熊本城本丸御殿大広間
  • 熊本城本丸御殿大広間
  • 見所は、障壁画の復元を行った「昭君之間(しょうくんのま)、若松之間(わかまつのま)」や全国的にも類例の無い地下通路「闇り通路(くらがりつうろ)」、巨大な小屋組みを見ることが出来る「大御台所」などです。
  • 詳しくはこちら
  • 水前寺成趣園(すいぜんじじょうじゅえん)
  • 水前寺成趣園(すいぜんじじょうじゅえん)
  • 細川家三代にわたって造られた回遊式の庭園で、東海道五十三次を模したといわれる庭園には、湖に見立てた池が配され、庭園美を楽しめます。
  • 詳しくはこちら
  • 霊巌洞(れいがんどう)
  • 霊巌洞(れいがんどう)
  • 霊巌洞(れいがんどう)は、熊本市の西方、金峰山麓にある洞窟です。宮本武蔵が熊本で過ごした晩年の5年間に、この洞窟にこもって兵法書「五輪書」を著したことで知られています。
  • 詳しくはこちら
  • 島田美術館
  • 島田美術館
  • 熊本に残る武人文化に関する歴史資料や古美術品を収蔵しています。宮本武蔵ゆかりの武具・遺品、書画などを展示する常設展示の他、年数回の企画展が開催されます。
  • 詳しくはこちら
  • 夏目漱石内坪井旧居
  • 夏目漱石内坪井旧居
  • 夏目漱石は4年3ヶ月の熊本滞在期間中に6回も転居しました。そのうち、5番目に移り住んだ家で、最も長い1年8ヶ月を暮らしたのがこの家です。
  • 詳しくはこちら
  • 熊本洋学校教師ジェーンズ邸
  • 熊本洋学校教師ジェーンズ邸
  • 明治4年(1871年)に外国人教師・ジェーンズ氏を迎えるために建てられた熊本で最初の西洋建築です。日本赤十字発祥の地としても有名です。
  • 詳しくはこちら
  • 横井小楠記念館(四時軒)
  • 横井小楠記念館(四時軒)
  • 幕末維新の開明思想家として知られる横井小楠の旧居です。内坪井に生まれ、安政2年(1855年)にこの地に移り住んだ小楠は、家塾「四時軒」(しじけん)を開き、多くの門弟を養成しました。
  • 詳しくはこちら
  • 小泉八雲熊本旧居
  • 小泉八雲熊本旧居
  • 明治時代、第五高等中学校(現在の熊本大学)の英語教師として熊本に赴任した際、最初の一年を過ごした住居です。八雲の作品の一つである「知られぬ日本の面影」はここで執筆されたといわれています。
  • 詳しくはこちら
  • 五高記念館
  • 五高記念館
  • 小泉八雲や夏目漱石(なつめそうせき)が教鞭をとった旧制第五高等学校(現在の熊本大学)の前身である、第五高等中学校の校舎として明治22年(1889年)に完成した建物です。
  • 詳しくはこちら
  • 上通アーケード
  • 上通アーケード
  • 上通(かみとおり)アーケードは、電車通りから北へ向かって伸びる通りです。天井の高いアーチ型の屋根から日光が差し込み、歩道の中央には“イペ”と呼ばれる木が敷き詰められています。
  • 詳しくはこちら
  • 下通アーケード
  • 下通アーケード
  • 下通(しもとおり)アーケードは、熊本県内最大のショッピングアーケード街です。ファッションやアミューズメントの中心地であると同時に、グルメ街としても有名です。
  • 詳しくはこちら
  • 熊本市現代美術館
  • 熊本市現代美術館
  • 九州では初めての「現代美術」の名称の付く美術館です。メインの展示ギャラリーのほか、井手宣通(いでのぶみち)ギャラリー、ホームギャラリー、メディアギャラリー、キッズファクトリーなどの施設があります。
  • 詳しくはこちら
PageTop