御馬下の角小屋

御馬下の角小屋について

この建物(母屋)は、江戸時代、庄屋を務めるかたわら質屋・酒屋を営んだ堀内(赤木)家の住宅であるとともに、豊前街道を往来する細川・島津などの大名が休憩所として使用したお茶屋の跡であり、薩摩藩主島津斉彬と共に西郷隆盛も立ち寄ったといわれています。
そのため、商家としての役割を果たす店舗や茶の間などの部分と大名一行を迎えるための「御成りの間」「次の間」「御用人の間」などをあわせ持つ珍しいつくりになっています。黒光りする柱や梁、鴨居に施された木象嵌など当時の姿をそのまま残しており、日本古来の木造建築のすばらしさを見ることができます。
資料館には、九代当主赤木弾蔵が明治政府参与を命じられた細川護美の共をして京都へ赴いた際の「見聞記」をはじめ、堀内家の江戸時代から昭和に至るまでの古文書や当時の人々の暮らしぶりを伝える道具類などの資料も展示しております。
また、海軍体操の創始者として知られ、日本最初の落下傘部隊の隊長・指揮官である堀内豊秋海軍大佐の生家でもあり、その関係資料等も展示しております。

インフォメーション

  • 住所: 〒861-5515 熊本市北区四方寄町1274
  • 料金: 大人・高校生 200円 小・中学生 100円 30人以上の団体は2割引
  •     熊本市内の65歳以上、小・中学生及び義務教育学生は証書提示により無料
  •     ※その他入館料減免規定あり
  • 開館時間: 9:30~16:30
  • 休日: 月曜日(月曜日が祝日の場合は最も近い平日が休館)、年末年始(12月29日~1月3日)
  • 駐車場: 無料 30台(大型車駐車可能)
  • 問合せ先: 熊本市文化振興課 096-328-2039
  • 特記事項: 身障者対応トイレなし、車いすでの入館の際は補助者が必要
  •       団体のお客様で館長による説明をご希望の方は事前要相談

交通アクセス

■ 公共交通機関利用の場合
バス(植木方面行き) バス停「交通センター」乗車 バス停「四方寄」下車、徒歩1分
■ 自動車利用の場合
植木インターから国道3号線を熊本市街方面へ約15分

地図