リデル、ライト両女史記念館

リデル、ライト両女史記念館について

ハンナ・リデルは明治24(1891)年英国国教会の宣教師として来日し、2年後に熊本に来ました。ある時、咲き誇る桜並木の下にうずくまるハンセン病患者たちの悲惨さに心を打たれ救済にあたる覚悟をしたのでした。
そのため、英国、日本の教会、政財界に寄付を募り、明治28(1895)年回春病院を創立しました。
リデルの死後、二代目の院長として姪のエダ・ハンナ・ライトがその職務を遂行しました。
しかし、太平洋戦争の始まる直前の昭和16(1941)年2月3日回春病院が閉鎖され、ライトは国外追放となりました。
しかし戦後再び来日し、龍田寮の子どもたちの世話をして過ごしました。
この記念館には、ハンセン病患者のために生涯を捧げた両女史の遺品や政財界に働きかけた文書、貞明皇后からの手紙、回春病院内の患者達の生活を知る写真などが展示されています。
当時病菌を研究するために建てられた研究所が、現在の「リデル、ライト両女史記念館」となっています。

インフォメーション

  • 住所: 〒860-0862 熊本市中央区黒髪5-23-1
  • 問合せ先: 熊本市文化振興課 096-328-2039
  • 特記事項: 熊本地震の影響により当分の間閉館しています。

交通アクセス

■ 公共交通機関利用の場合
バス(子飼経由大津・武蔵ヶ丘方面行き) バス停「交通センター」乗車 バス停「立田自然公園入口」下車、徒歩10分
■ 自動車利用の場合
熊本インターから国道57号線を熊本市街方面へ、県道337号線へ入り立田自然公園手前を右折後直進

地図