徳富記念園

徳富記念園について

蘇峰は熊本洋学校から同志社に学び、17歳の時に熊本に戻りました。明治15(1882)年19歳の時に大江義塾を開き、その後出版した「将来之日本」が出世作となり上京しました。
蘆花は蘇峰と5歳違いの弟であり、名作「不如帰」「自然と人生」で文壇の異色作家として注目を浴びました。
明治9(1876)年10月、神風連の変勃発時、蘆花は旧邸の中2階から炎上する町並みを目撃し、後に「恐ろしき一夜」にその様子を記しています。
館内には徳富兄弟関係の遺品や著書などを多数展示しております。
また、この庭にそびえるカタルパの木は蘇峰の師新島襄がアメリカ土産に贈った種子の2世・3世であり、毎年5月の中旬に上品な真白い花で覆われます。

インフォメーション

  • 住所: 〒862-0971 熊本市中央区大江4-10-33
  • 料金: 無料(一部公開のため、一時的に無料にしています。)
  • 開園時間: 9:30~16:30
  • 休日: 月曜日(月曜日が祝日の場合は最も近い平日が休館)、年末年始(12月29日~1月3日)
  • 駐車場: 無料 8台(大型バス1台、マイクロバス2台)
  • 問合せ先: 熊本市文化振興課 096-328-2039
  • 特記事項: 熊本地震の影響により、庭園及び資料館2階までの公開です。
  •       3階への立入は危険ですのでご遠慮ください。
  •       駐車場はご利用いただけます。
  •       徳富旧邸には入ることはできません。旧邸付近への立入も危険ですのでご遠慮ください。

交通アクセス

■ 公共交通機関利用の場合
JR「熊本」駅下車、市電(A系統健軍町方面行き) 電停「熊本駅前」乗車 電停「九品寺交差点」下車、徒歩20分
■ 自動車利用の場合
益城熊本空港インターから熊本市街へ、県道28号線九品寺交差点を右折後直進

地図