ホーム > 旅するムスリム >  おいしい旅

おいしい旅

旅の楽しみのひとつ、食
おいしい熊本の料理を堪能してもらえるように。

ムスリムの食事に関して理解しておかないといけないルールがあります。
旅の楽しみのひとつである食事をより快適に美味しく提供できれば満足の熊本旅行が実現します。
まずは基本的なルールを知り、できることから始めましょう。

NG FOOD
豚肉
豚
What's?

なぜ、豚肉はだめ?

イスラム教の聖典クルアーン(コーラン)の教義で豚肉は不潔・不浄のものとして見られ、食べてはいけないと厳しく禁じられています。なぜ豚肉がそのように避けられているかは、諸説あるようです。

豚肉、または豚肉を使用した加工品・豚脂

豚肉やハム、ベーコン、ソーセージといった豚肉の加工品は、ムスリムが食べることを最もタブーとしている代表的な食べ物です。 肉以外でも豚脂(ラード)、豚の身や骨でダシをとったスープ(粉末を含む)、豚由来のコラーゲンやゼラチン、ショートニング、乳化剤などもタブーとされているので、ムスリムへ料理やお菓子、市販のパンなどを提供する際、注意が必要です。

豚肉、または豚肉を使用した加工品・豚脂
豚肉を調理した油や調理器具、食器

豚肉を調理した調理器具(フライパン、まな板、包丁など)や豚肉を使用した食器類を、気にするムスリムもいます。また、豚肉に限らず、ハラール処理をしていない肉を調理した器具・食器もダメだという人もいます。求められるレベルには個人差がありますので、配慮が必要です。

豚肉を調理した油や調理器具、食器
食肉

牛肉、鶏肉、羊肉などについては、イスラム法に則り「と畜」した肉でないとハラールにはなりません。ハラール認証食肉は、ハラールの食材を扱うお店や通信販売などで販売されています。

牛肉、鶏肉、羊肉
アルコール
アルコール
What's

なぜ、アルコールはだめ?

アルコールは自制心を狂わせて精神と体に悪影響をおよぼすものとされ、イスラム教の教義上禁じられています。

アルコール飲料

ムスリムは、アルコールの摂取が禁じられています。もちろん個人差もありますが、ムスリムにアルコールを勧めることは控えた方が良いでしょう。

アルコール飲料
アルコールが含まれる調味料

みりんや日本酒などを使用して調理した料理について、気にするムスリムもいるため、事前に確認しましょう。また、しょうゆ・味噌やサラダのドレッシングなどに防腐剤としてアルコールを添加しているものがありますので、ラベル表示でその有無を明記するなど、工夫する必要があります。

アルコールが含まれる調味料
血

ムスリムは、血(血液)も害があるため避けるべきだとされています。肉料理は、肉汁が血を連想させることがないようしっかり火を通すなど気を配る必要があります。

血液
海産物

魚介類は一般的にはハラール食材としても安心して使用できます。ただし、カニ・エビを食べない一部の宗派もあることや、個人によって違いがありますので事前に確認した方がよいでしょう。

海産物

ムスリムも一人ひとり個人差があります。

ムスリムの信仰行為は、国や地域、世代、育った環境などにより、個人差があります。 アルコールや礼拝についても、個人差がありますので、どこまで配慮をしているかを相手に伝え、 あとは一人ひとりの裁量に委ねることがベターでしょう。

ムスリムも一人ひとり個人差があります。

できることから始めよう!美味しい旅へのPOINT 5

ムスリムの受け入れは、過剰な対応が返って負担になるケースもあります。 まずはムスリムへの正しい理解から始めて、各お店やホテルのできることから段階を踏んでおもてなしをしましょう!

料理メニューには原材料を、まずは英語表記に

料理のメニュー表には、豚やアルコールはもちろん、ハラームが含まれる調味料などの表示を。 英語表記やピクトグラム等を使い、ムスリムが容易に理解できる表示を心がけましょう。 英語表記メニューであれば英語圏の方に、また料理に使用している原材料の表示も加わればアレルギーのお客様にも喜ばれます。

アルコールは見てすぐわかるように

ホテルなどの客室冷蔵庫にあるチューハイやカクテル、飲食店のドリンクのメニュー表などは、ムスリムがアルコールと気づかず飲んでしまう場合があります。 英語表記やピクトグラム等でアルコールと見てすぐに認識できるよう、わかりやすく表示する配慮が必要です。

日本は豊かな食材 野菜・魚介類は基本的にOK

魚介類・野菜・果物は、ほとんどハラールとされています。これらの食材を多く使っている日本料理は、「和食」が ユネスコ無形文化遺産に登録され、ますます注目されています。 旬の食材が豊富に揃う熊本で、大いに食事を楽しんでいただきましょう。
※カニ・イカ・貝類を食べない宗派もあります。

調理器具や食器類 できる範囲で注意

ハラールの食肉や調味料で料理をしても、使用した調理器具や食器が以前豚肉(全ての豚食材)を使用していたらNGとするムスリムもいます。 あくまで個人差がありますが、現在の使用状況を英語表記で説明すると親切です。 気にされる方には、紙皿などで食事提供をするとよいでしょう。

先入観はNG ムスリム個人の判断が優先

「ハラール」・「ハラーム」の判断は、基本的にムスリム個人に委ねましょう。ムスリムでない私たちが、 先入観で判断するのは一番危険なことです。 日本へ旅行するムスリム観光客は、ある程度日本のことを理解しているので、丁寧にコミュニケーションをとり、誤解のないように心がけましょう。

Check!

ハラール認証の食材を使えば、ハラール料理?

ハラール認証の牛肉、鶏肉、羊肉は、ハラール食材を扱うお店やムスリムが経営する卸売業、通信販売や業務用スーパーで購入できます。 ただし、これらのものを使用した料理だからといって、「ハラール料理」と表示しないほうがよいでしょう。 調理方法や物流など、厳密に言うとハラールではないからです。 食材や調理方法をムスリムにわかりやすく正確に伝え、あとは各自で判断してもらいましょう。 決して、ムスリムでない私たちが、勝手に判断しないことです。

Check!

ムスリムが旅行で一番困るのは食事!

ブッフェスタイルを提案

口にできない食材や調味料などがあることへの日本人の理解不足や言葉の壁から、料理にはどんなものが使用されているかわからず、ムスリム旅行者は苦労しているようです。 受け入れる側としては、まずは原材料をわかりやすく表示することからはじめましょう。 また、いろんな料理が選べるブッフェスタイルを提案することもよいでしょう。

Check!

無理せずできることから、はじめましょう!

無理せずできることから、はじめましょう!

ムスリムの受け入れは、最初から過剰な対応をすると負担となり継続できなくなることや、 ムスリム対応に気を取られすぎて本来のサービスの質が落ちる可能性があります。 段階を踏んで対応していきましょう。