ホーム > 旅するムスリム > 楽しい旅

楽しい旅

ムスリムが旅先で困らないために知っておきたいいろんな習慣やマナー

食事や礼拝以外にもムスリムならではの習慣やマナーがあります。 より快適に旅を楽しんでもらえるようそれらの理解とできる範囲のおもてなしで ムスリムの楽しい旅を実現しましょう。

MANNERS 習慣やマナー ムスリムのあたりまえ。
左手

イスラム教では、左より右を優先します。 例えば、食事や挨拶は必ず右手を使用します。 左手は不浄とされており、用便をする時に使います。 非ムスリムの人にまで求められることは少ないですが、 知識として知っておいて、出来るだけ右手を優先するようにしましょう。

左手
女性

ムスリム女性への接客において、同性による接客を希望される場合があります。 もし、ホテルなどで男性スタッフが接客を行う必要があれば、部屋で2人きりにならないようにしましょう。 どうしても回避できなければ、ドアを開けておくなどの配慮が必要です。

女性
服装

男女ともに素肌の露出を拒みます。 ムスリムの接客を行う際、特に女性スタッフは自身もなるべく素肌の露出が少ない服装に心がけましょう。

Wifi

旅先でムスリムは、キブラの方角やハラル対応のレストランやホテルなどの情報を インターネットで探すケースが多いです。 ですので、フリーWifi環境があると喜ばれます。 もちろん、海外からの旅行者にも嬉しい環境となります。

Wifi
温泉

ムスリムは、もともとお風呂に入る習慣がない人が多く、肌の露出を嫌がることもあり、 日本の大浴場に抵抗を感じる人が多いです。 せっかく日本に来たからと、温泉体験を希望するムスリムの方には、 個室スタイルの家族風呂などを案内するとよいでしょう。

温泉
土産

日本のお菓子や化粧品は人気があります。 化粧品やお菓子は見落としがちなところ(クッキーなど)で豚由来成分が使用されているケースもあります。 ショートニングや乳化剤、コラーゲンなどの豚由来成分やアルコールを使用している化粧品やお菓子は意外に多いのです。 提供する側もできるだけの情報提示を心がけましょう。また、ムスリムへプレゼントする際にも、成分の確認を忘れずに!

土産

できることから始めよう!旅の思い出 おみやげの話

原材料を英語表記

ムスリムが安心して買い物を楽しむために、原材料を英語表記にすると親切です。 製造元からそのような取り組みができればベストですが、難しい場合がほとんどです。 例えば、比較的原材料に含まれていることが多いショートニング、乳化剤、コラーゲンなどの 表記と英訳を併設して、陳列のそばに分かりやすく案内してあげると、間違って購入することを防げます。 できる範囲でムスリムに親切な売場を目指しましょう。

原材料を英語表記
お土産コーナー設置

売場にノーポーク、ノーアルコールのお土産を集めたコーナーを設置するのも親切です。 安心して買い物を楽しめるでしょう。 合わせて、英語表記のPOPなどを設置することも喜ばれます。 また、店員のムスリムへの理解もあれば、より安心して接客を受けられるので、 ムスリムにとって楽しい旅になることでしょう。

お土産コーナー設置