ホーム > わくわくプロジェクト > 新町・古町えりあ > 新町・古町地区とは
まち案内人制度
  • 城下町和samonガイド
  • 熊本城の城下町風情を感じながらまち歩きが楽しめる“新町・古町”。
    築上から400年変わらない町割に、西南戦争以降に復興した400軒余りの町家や、 皇居二重橋を手掛けた石工・橋本勘五郎が架橋した明八橋、熊本名物・辛子蓮根や 伝統工芸・肥後象嵌の老舗など、ガイドブックには掲載していない歴史秘話を地元案内人がガイドします。

  • コース・料金
  • 新町和samonガイド
  • 精霊が宿る7本のクスノキとタイムトリップツアー(参加者1名あたり1000円、所要時間約60分)
  • 熊本城のお膝元新町において、城下町の伝統工芸や食文化に触れるコース。
    辛子蓮根や馬刺しの老舗、史跡、パワースポットをご案内します。


  • 古町和samonガイド
  • 古町町屋めぐりコース(参加者1名あたり500円、所要時間約60分)
  • 国登録文化財「旧第一銀行熊本支店」や昔ながらの雰囲気を残した町家を リノベーションした店舗など風情たっぷりのまち歩きをご案内します。

  • 予約方法
  • ・お電話にて事前に要予約。まち歩きの予約の旨をお申し出ください。
  • ・電話は
  • 新町に関するお問い合わせ 096-324-4488(肥後象嵌 光助)

  • 古町に関するお問い合わせ 096-355-0601(平野)

まち案内人制度 まち案内人制度