熊本の城下町 新町・古町えりあ
見処

藤崎台のクスノキ群

1.藤崎台のクスノキ群新町

■場所:熊本市中央区宮内4-1(藤崎台県営野球場)
■精霊が宿る樹齢千年を越えるクスノキが7本も群生しているのは日本でここだけ。隠れたパワースポット!

富重写真所

2.富重写真所新町

■場所:熊本市中央区新町2丁目8-5
■明治から現在まで熊本の変遷を記録してきた日本最古の写真所。夏目漱石や小泉八雲の写真もあります。

明八橋

3.明八橋新町古町

■場所:熊本市中央区新町4丁目
熊本市中央区西唐人町
■明治8年に、皇居・二重橋や日本橋を手掛けた石工・橋本勘五郎が架橋した新町・古町の架け橋です。


高麗門跡

4.高麗門跡新町

■場所:熊本市中央区新町4丁目
■加藤清正が花岡山方面からの敵を防ぐために造った門。朝鮮の高麗門に準じて熊本城の通用門として建てられました。

準備中

5.阿弥陀寺古町

■場所:熊本市中央区細工町3丁目33
■清正公が万日山から白川べりに移転させ、その後現在の場所に再移転した古いお寺。熊本城の石垣も手掛けた飯田覚兵衛の墓があります。

清爽園

6.清爽園(新一丁目御門跡)新町

■場所:熊本市中央区宮内(熊本市子ども文化会館横)
■戦没者を祭る記念碑が立てたれた庭園。(熊本城の正面玄関「新一丁目御門」跡。)


準備中

7.御客屋跡新町

■場所:熊本市中央区新町1丁目10-38(熊本市立一新幼稚園)
■坂本竜馬や西郷隆盛も宿泊した「御客屋」跡。


旧第一銀行熊本支店
(ピーエス・オランジュリ)

8.旧第一銀行熊本支店 (ピーエス・オランジュリ)古町

■場所:熊本市中央区中唐人町1
■大正8年築。国登録有形文化財。形、色とも美しく調和のとれた建物で唐人町の顔となっています。

西村邸

9.西村邸古町

■場所:熊本市中央区西唐人町10
■大正6年築。油商だったため、敷地の東西にレンガ造りの防火壁があります。現在は「器季家カフェ」として営業中。

森本襖表具店

10.森本襖表具店古町

■場所:熊本市中央区鍛冶屋町11
■明治19年創業の老舗で、襖などの和紙を扱う専門店。当時と同じ「床座(ゆかざ)」での商いが続いています。


塩胡椒/ナチュラル&ハーモニック・ピュアリイ

11.塩胡椒ナチュラル&ハーモニック・ピュアリイ古町

■場所:熊本市中央区中唐人町13、15
■道路側から見ると2階建ての伝統的な町屋ですが、実際中に入ると地下1階がある不思議空間。現在はショップ、レストランとして活用されています。

早川倉庫

12.早川倉庫古町

■場所:熊本市中央区万町2丁目4
■明治時代は旧岡崎酒店酒類醸造場、大正時代から早川家が和傘・履物の卸売を経て現在は貸し倉庫業を営んでおられます。

兵庫屋本店

13.兵庫屋本店新町

■場所:熊本市中央区新町4丁目4-2
■築120年になる赤煉瓦の麹室をギャラリーとして開放しており、江戸時代の大腸や古写真を見学できます。


長崎次郎書店

14.長崎次郎書店新町

■場所:熊本市中央区新町4丁目1-19
■創業明治7年。現在の建物は大正13年に三菱煉瓦街を設計した保岡勝也の手によるもの。国登録有形文化財。

吉田松花堂

15.吉田松花堂新町

■場所:熊本市中央区新町4丁目1-48
■創業江戸末期の薬問屋。初代・吉田順碩はシーボルトの弟子で、シーボルト事件後に来熊し「諸毒消丸」を創製したのが起こりといわれています。

旧中村小児科医院跡

16.旧中村小児科医院跡古町

■場所:熊本市中央区魚屋町3丁目3
■大正3年に建造された木造2階建ての洋風建築。この時代の洋館で出来た医院の様子を現代に伝える貴重な建物(文化財)です。

お茶の三翆園

お茶の三翆園 くまもと萬町店古町

■場所:熊本県熊本市中央区万町1丁目37
■元々は煙管(キセル)屋として栄えた築138年の町家を改装した、落ち着いた雰囲気で趣のあるお茶屋。


三面地蔵

17.三面地蔵新町

■場所:熊本市中央区新町3丁目9
■加藤清正が祀ったお地蔵様。顔が三つあり「一礼の上、三度水をかけ、一心に祈念すれば何事も願い通ずる」といわれています。

ふれあい親子狸

18.ふれあい親子狸新町

■場所:熊本市中央区新町2丁目3
■新町のシンボル「ふれあい親子狸」触れればご利益あり!

白梅天満宮

19.白梅天満宮古町

■場所:熊本市中央区細工町3丁目
■見落としてしまいそうな入り口を抜け、家と家の間の細い路地の奥にある、町の人たちに守られた天満宮。


おてもやん像

20.おてもやん像古町

■場所:熊本市中央区細工町5丁目
■古町のシンボル「おてもやん像」に手をかざすと民謡「おてもやん」が流れます。

シャッターアート

シャッターアート新町

■場所:村上カラシレンコン、かきやま商店、肉の大栄など
■城下町の歴史に由来する絵と詩をお店のシャッターに描いた、店休日にしか出現しない新たな見どころ!


もっと詳しく、もっとディープな見処を巡りたい方はこちら!

まち案内人へ