くまもと食財レシピ
ハマグリと熊本インゲンのリゾット

ハマグリの上品でシンプルな味わいが、インゲンの爽やかな甘みで引き立つ一皿。ハマグリの旨みを充分に含んだリゾットは、一粒一粒が口の中で軽やかにほぐれていく加減が絶妙で、身のフワリとした柔らかさも食感のアクセントになっています。

ハマグリ
2kg
熊本インゲン
100g
1合
玉ねぎ
1/4個※みじん切り
ニンニク
 
1片※内1/2片みじん切り
パセリ
適量
バター
30g
塩、こしょう、オリーブオイル
各適量


※ハマグリのスープ用

パセリ(茎部分)
適量
ニンニク
1片 ※みじん切り
白ワイン
1/4カップ
1と1/2カップ
オリーブオイル
適量

1.オリーブオイルにみじん切りのニンニクを加えて火をつけ、香りが出るまで軽く色づける。火を止めたらハマグリと白ワイン、水、パセリの茎を加える。再び火をつけ、ハマグリが開いたらアクを取り、ハマグリとスープを分ける。その後、ハマグリの身ははずしておく。

2.フライパンにオリーブオイル、ニンニクを入れて火をつけ、香りが出てきたらインゲン50gを生のまま加え、弱火でゆっくりと火を通す。残りのインゲン50gは軽く茹でて、一口大の斜め切りにしておく。

3.鍋にオリーブオイル(大さじ3)、みじん切りのニンニクとタマネギを加え、軽く火が通ったら生米を加え、鍋底に付かないように混ぜる。米が透き通ってきたらハマグリのスープ(1合強)を加え、沸騰したら全体の火の通りを均一にするため一旦かき混ぜる。火からおろし、蓋をして155度に予め温めておいたオーブンで15分火を通したら、別皿に移し冷ましておく。


※このリゾットは冷凍保存可能で、具を変えていろんなリゾットにアレンジできます。

4.リゾットの素を鍋で温め、残しておいたハマグリのスープ(適量)と茹でたインゲンを加えて煮立たせる。スープが少なくなってきたらハマグリを加えて塩・こしょうで味を整え、最後にオリーブオイル(大さじ1)とバターを加える。焼きインゲンを皿に敷き、その上にリゾットを盛り付ける。とろみ用にとっておいたハマグリのスープに水溶き片栗粉でとろみをつけ、上からかければできあがり。

ハマグリと熊本インゲンのリゾット

■焼きインゲンは、生の状態から弱火でゆっくりと火を通す
■残ったハマグリのスープにとろみをつけて、ソースとして利用する