くまもと食財レシピ
レンコンとあか牛のポルペットーネ

生地や具に、そして盛り付けにと、レンコンの魅力を余すところなく活かした一皿は、軽快な歯ごたえとレンコンチップのカリカリ感で、なんと音でも楽しめます。トマトと焼き味噌の意外な組み合わせも、食べ終われば納得の味わいです。
※ポルペットーネ=イタリアの家庭でもよくお目見えする、イタリア版肉団子

レンコン
200g
あか牛ひき肉(合い挽き肉でも可)
200g
1個
ホールトマト
適量
パン粉
大さじ3
みそ
適量
塩、こしょう、ナツメグ
各適量
オリーブオイル
適量

1.生地を作る
レンコン50gを皮付きのまますりおろし、ひき肉、ナツメグ、塩コショウと混ぜ合わせる。さらに50gは5mm角の粗みじん切りにしてオリーブオイルで火を通し、軽く塩コショウで味付けをする。粗熱が取れたら、混ぜ合わせたひき肉に加える。

2.一口大(15~20個)に成形し、フライパンで軽く焼き目をつけて、その上に薄くみそを塗る。成形したポルペットーネの高さ半分量ほどのホールトマトと水(大さじ2~3)を加え、蓋をせずに180度のオーブンで7~8分ほど火を通す。
※鍋ごとオーブンに入らない場合は、耐熱容器に移してもOK
※大きめのハンバーグ型の場合は、約10分

3.レンコン100gを薄くスライスしたら、低い温度の油からゆっくりと火を通して素揚げにし、好みで塩をふる。ポルペットーネが焼きあがったら、皿にトマトソースを敷いてその上にポルペットーネを乗せ、最後にレンコンチップを盛り付けて出来上がり。

レンコンとあか牛のポルペットーネ

■レンコンは皮を剥かずに丸ごと使う
■レンコンチップは低温の油に入れてゆっくりと火を通すと、カリッと揚がる