くまもと食財レシピ
水前寺のりと鱒のパスタ

熊本の清らかな湧水で育まれた、水前寺のりと鱒。その爽やかな味わいが一度に楽しめる、何とも贅沢なレシピです。パスタに絡む水前寺のりのツルッとした食感とアサリの旨み、そして口の中でほぐれる鱒……。熊本仕様の見事なパスタ、お試しあれ。

水前寺のり
60g
鱒(ます)
1匹
アサリ
10個
パスタ
60g
ニンニク
1片
パセリのみじん切り
少々
塩、こしょう、オリーブオイル(バージンオイル)

適量

【下ごしらえ】

・鱒
→ 三枚おろしにして、1枚を3等分にする。軽く塩をふり、片栗粉をまぶしておく

1.鱒を180度の油で、軽く揚げる。
パスタは、塩を控えめにして茹でておく。

2.オリーブオイル(大さじ2)に、ニンニク1片を丸ごと入れて火をつける。ニンニクに軽く色が付いたら取りだし、火からおろしておく。その後、アサリと水(大さじ2~3)を加えて火にかけ、アサリが開いたら取り出して身を外しておく。

3.2に水前寺のり30gを加えて、ソースを軽く煮詰める。

4.3にゆでたパスタとゆで汁(大さじ2)、揚げた鱒、水前寺のり30gとパセリのみじん切りを加えてなじませる。最後にオリーブオイル(大さじ1)をかけて出来上がり!

水前寺のりと鱒のパスタ

■鱒は、色が付くほど揚げ過ぎない
■パスタは塩を控えめにして茹でる